マスクで腰痛?頭痛?

あなたのその腰痛、頭痛、めまいの原因はそのマスクだった!?

 

こんにちは。尼崎の整体×水素アクティブスイッチです。

毎日テレビをつけると新型コロナウイルスの報道ばかりでうんざりしていますがみなさまいかかお過ごしでしょうか?

最近マスク率本当増えましたね。
電車でもお店でも、ランニング中も。
山〇教授がランニング中にもマスクと言ってから急にランニング中もマスクしなければいけない空気になりましたね。これから熱中症も増えるしこういう風潮はちょっと怖いです。

しかも、これからのマスクは汗で菌が繁殖しやすい環境になります。マスクはウイルスの予防には意味がありません。外ではどんどんマスクを外していきましょう!

ところで、最近腰痛、坐骨神経痛が結構増えているらしいです。しかもその腰痛の原因はマスクだった!?というと信じますか?

マスクをするとゴムによって耳が前方に引っ張られます。

耳は頭の側頭骨にくっついています。耳が引っ張られるという事は、側頭骨が引っ張られるということ。
マスクのようなちょっとした力でもずっと引っ張られているとその影響で側頭骨が前に引っ張られる状態になります。

その小さな負荷が積み重なり側頭骨に歪みが生じます。
側頭骨のゆがみによって脳が圧迫されるので、頭痛、めまい、メニエール病などの症状を引き起こすこともあります。

  • マスクで引っ張られます
  • マスクで引っ張られます

ところで、頭の骨は身体の骨とリンクしている事があります。
側頭骨は、骨盤にある腸骨とリンクしています。
側頭骨が前下方に負荷がかかり歪むと、骨盤の腸骨が影響を受け、腸骨も歪みます。

そうすると骨盤の歪みで身体の循環が悪くなり腰痛が起こるというわけです。

さらに東洋医学的な考えで言うと、みなさん連日のテレビ報道で新型コロナウイルスに対して恐怖感があると思います。(本当に怖いものかどうかは別ですが)
恐怖に対し影響がでる臓器は腎臓です。
腎臓も腰部の位置に存在します。腎臓に影響が出ることによりさらに腰痛を引き起こす要素も増えます。

  • 側頭骨が歪みます
  • 腸骨が歪みます
  • 側頭骨が歪みます
  • 腸骨が歪みます

マスクで呼吸が浅くなる

マスクで腰痛

マスクをすると口呼吸になってしまいます。
口呼吸は結果的に酸素を体全体に届けにくい状態です。

また、口呼吸は浅い呼吸につながる呼吸です。

呼吸が浅くなると横隔膜の動きが悪くなります。

呼吸の吸う動作のメインである横隔膜が動かないと、呼吸をサポートする腰回りの筋肉に負荷がかかり腰痛の原因にもなります。

マスクをして呼吸をするということは、自分の吐いた息を吸っていることになります。
自分が吐いた空気は軽い酸欠状態を引き起こす濃度ですので、酸素濃度が低下した空気を吸入し続けることにより、頭痛・めまいや視力低下・集中力低下という症状も出現するので注意が必要です。

簡単にできるセルフケア

優しく引っ張る

あれ?最近腰痛や頭痛、めまいが増えたかな?と思う方、セルフケアで側頭骨の歪みを改善させましょう。

やり方は簡単。両手で耳の部分に手を当て、マスクのゴムで引っ張られている逆の方向に優しく引っ張るだけ。

自分でやると、思わず力が入ってかなり引っ張ってしまいがちですが、力を入れると逆効果になります。
ゆっくり、優しく引っ張ってあげましょう。

それでも改善しない場合は…

まさか、マスクで腰痛や頭痛なんて思ってもみなかったでしょう!

自分で出来るセルフケアをしても改善しない、または症状が悪化している場合は我慢せずにすぐ当院にご連絡ください。

当院ならその歪みを痛くないカラダバランス整体で改善させます!

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰